気になる前太もも,スッキリ細くなるストレッチ!!

こんにちは、湯之上です。

この記事では「前もものストレッチを知りたい」という方に向けて、「前ももに効果のあるストレッチ」をお伝えしていきたいと思います。

というのも、私の経営するエステサロンに通って頂いているお客様からやツイッターなどに頂く相談または質問・疑問の中に「前もものストレッチを知りたい」が非常に多かったからです。

ですので、今回はそういった相談または質問・疑問にお答えしていきたいと思います。

では、早速本題に入っていきたいと思うのですが、その前にまだ私の事を知らないという方もいらっしゃると思うので、簡単な自己紹介だけさせてください。

私は今年で業界21年目の現役エステティシャンです。中卒でエステ業界に入って気付けば21年、約5万人以上もの方の身体に関わるありとあらゆる問題を解決してきました。そのため、今回のお話も「前もものストレッチを知りたい」という方のお役に立てるのではないかと思います。

それでは前置きはここまでにして、本題に入っていきましょう。

ガチガチ前ふともも張り解消ストレッチ

結論からお伝えすると、「股関節にアプローチをした前もものストレッチ」です。

なぜなら、「前ももと股関節は繋がっていて、なおかつ前ももの筋肉のはじまりは股関節にある」だからです。

もう少し具体的にお話すると「筋肉には始まりと終わりがあります。前ももでいうと股関節が始まりで、膝回りが終わりになります。前もものストレッチをする際に股関節にアプローチをした方がいいのは筋肉の始まりが股関節にあるからです。

ここで前ももの簡単なストレッチをご紹介しますね。

まずは、両足で立ちます。足は肩幅に広げておきます。

右足を後ろに曲げて右手で足首を持ちます。そのままかかとをお尻の方へ近づけて行きます。前ももが伸びるのを感じてくださいね。20秒キープ

手を離して足を戻して左足も同様に行いましょう。

簡単な動きですが前ももを伸ばすストレッチになります。

腰痛がある方は、前ももを伸ばしていく事で腰痛軽減にもなります。しっかり伸ばしていきましょう。

ストレッチは日々の習慣

ただ、こういった話をすると「お尻にかかとがつかない、フラフラしてしっかりストレッチできない」という意見を頂く事もあります。

とはいえ、「筋肉今日一度動かしただけではしっかりと伸びません。日々の意識」だと思います。

なぜなら、「筋肉は使わないと固まってしまいます。使い過ぎても乳酸が溜まり硬くなってしまいます。使わなくても、使い過ぎても硬くなってしまう。その筋肉をしっかりと日々ストレッチして行く事でしっかりと伸びることができる様になる事」だからです。

ですので話を戻すと、私の結論としては「股関節にアプローチをした前もものストレッチ」というお話しでした。

今回のテーマは以上になるのですが、せっかくですので「前ももを細くしたいストレッチ」についても、合わせてお伝えさせて頂きますね。

前太ももを細くして綺麗な美脚を!

前ももを細くする為のストレッチ

これも結論からお伝えすると、「股関節、前もも全体、膝回りにアプローチをするストレッチ」です。

なぜなら、「前ももを伸ばすだけでは細くなりません。股関節、膝、もも全体にアプローチをする事が必要」だからです。

具体的には、「前ももの筋肉=大腿四頭筋は細く分けると4つに分かれています。外側広筋、大腿直筋、中間広筋、内側広筋。前ももを細くする為にはこの4つの筋肉をバランスよくストレッチ、動かしていく事が大切。たくさんあるストレッチやトレーニング法の中でバランスよく動かせるのがいわゆるエア自転車漕ぎ。この動きは本来足をクルクル回してストレッチしますが、今回のストレッチは足を回さずに、伸ばして→戻すように動かしていく方法です。

仰向け寝で両足を床からあげ膝を90度に曲げます。この時骨盤が浮かないように気をつけてください。

おへその下に少し力を入れて、右足を伸ばす→戻す、左足を伸ばす→戻す。これをリズムよく30回程行います。

注意点は、足先はピンッと伸ばしてしっかり膝を伸ばしきること!

膝を戻す時は90度のスタートポジションまで戻す。それ以上に顔側に行かないように気をつけましょう。

ストレッチをすると痛みが出る場所

ただ、こういった話をすると「腰が痛くなります。とか首が痛くなります。」という意見を頂く事もあります。

とはいえ、「ストレッチやトレーニングで痛みがでるという事は、身体の本来ストレッチをかけたいと思うところ以外の違う部分に力が入っているから」だと思います。

なぜなら、「筋肉は連動します。トレーニングやストレッチをする際に痛みが出るという事はその痛みがでる部分も、固まって引き連れているという事も考えられますね。このストレッチをしたから痛いのではなく、固まってしまってなおかつ力が入っているから余計に痛みがでる。そういう場合は、ストレッチやトレーニングの前後に、体を解放するような動きのストレッチを入れてくださいね。

例えば腰であれば、両足を曲げて膝を抱えて、腰の力を抜いて左右にコロンコロンと動かします。

首はグッと力が入りやすい部分です。どのストレッチの時もアゴ先からこぶし1個分のスペースをとってストレッチをスタートします。

それでも首に痛みが出る場合は、両手で頭の後ろを支えます。前後にゆっくり伸ばすようにストレッチ、頭のを手てで支えながら、左右にゆっくりと伸ばすようにストレッチしましょう。

ストレッチやトレーニングをする場合は必ず力を抜いて体を動かす事が必要」だからです。

ですので話を戻すと、私の結論としては「股関節、前もも全体、膝回りにアプローチをするストレッチ」というお話しでした。

前太ももストレッチ効果で美脚も手に入れる!

前太ももストレッチの効果は!!

前太ももをストレッチするのはまずは股関節から前ももにかけてしっかり伸ばす事。

なおかつ、前ももを細くする為にはエア自転車漕ぎの変化バージョンで、太もも全体と膝上、股関節までをしっかりトレーニング!!

ストレッチで伸ばす方もトレーニングで細くしたい方も目指せ美脚ですね。

足が太いのではなく,前ももの張りが気になる。膝上にもお肉がのっかってる。ガチガチな前ももの張りをしっかりとストレッチしてスッキリ。

きちんと動かしてストレッチする事で美脚へ近づけます。

湯之上聖子

湯之上聖子

日本全国に50店舗ものエステサロンを展開する「トリムリターン」の取締役であり、福岡にて自身が経営するエステサロンのオーナー 兼 エステティシャン。『もっと健康でキレイに輝く女性が増えて欲しい』そんな想いから、21年もの歳月を掛けて学んだ「知識」と「経験」、そこから導き出した「本物の技術」を発信しています。

関連記事

  1. ストレッチ

    股関節が硬い方必見!股関節をやわらくするストレッチ

    こんにちは、湯之上です。今回は「股関節が硬いと!」という方に向けて…

  2. ストレッチ

    腰痛には、太ももよりもお尻と腹筋のストレッチを!

    こんにちは、湯之上です。今回のテーマは「太ももストレッチで腰痛を改…

  3. ストレッチ

    太ももストレッチと成長ホルモン分泌で脚痩せ効果も期待できる!

    成長ホルモンという言葉をお聞きになった事はありますか?近年、“究極のア…

  4. ストレッチ

    猫背改善ストレッチ~肩のセルフケアストレッチ~

    今回のテーマは猫背改善、肩の内旋改善ストレッチ。パソコンやデスクワ…

  5. ストレッチ

    肩甲骨の可動域をあげる簡単ストレッチ

    こんにちは、湯之上です。今回のテーマは「肩甲骨の可動域をあげるスト…

  6. ストレッチ

    お風呂上がりのゆる〜い二の腕ストレッチで,スラリとした腕になる!

    こんにちは、湯之上です。今回のテーマは「お風呂上がりの二の腕ストレ…

ランキング

執筆者

長原多賀子

長原多賀子

代表取締役 兼 トリムリターン開発者

佐藤沙苗

佐藤沙苗

取締役 兼 エステサロンオーナー

湯之上聖子

湯之上聖子

取締役 兼 エステサロンオーナー


PAGE TOP