お客様に愛されるサロンになるには、カウンセリングを大切に!

カウンセリングというのは、お客様の情報を頂く大事なツールです。大事なんですが、軽くしかやっていないサロン様が多いのかなと思います。

カウンセリング一つでお客様が次に繋がるかがほぼ決まってくると思います。そして技術を受けて頂いて、またこのサロンに来たいな、あなたにお手入れして欲しいと言われたら嬉しいですね。

長くお付き合いができるサロンをお客様も探していると思います。だから技術だけではなくカウンセリングを大切にする事でお客様に愛されるサロンになれると思います。

以前にも、カウンセリングが苦手な方へという記事に、好きになる方法を書かせていただきましたが。

今日は少し突っ込んだカウンセリングの部分を、愛されるサロンになる為のカウンセリングを、私の経験を元に書いていきますね。

できない、聞けない理由を取っ払う!

カウンセリングに悩むのエステティシャンやセラピスト多くが、お客様の事を気にしてカウンセリングができない人、なんて聞けばいいかわかりませんという人、アフターカウンセリングが苦手なんですと言う人もいます。

中には物販が苦手なんです、売りたくないんです、という方もいます。無理にする必要はないと思うんです。

けれど、お客様に対してはどうでしょう?必要なものかもしれません。変わるきかっけになるかもしれません。

プロである以上、自分本位の出来ない、聞けない理由は取っ払っていく必要がありますね。

自分軸になっていませんか?

出来ないって思っている方ってもしかすると、お客様に嫌われたらどうしようとか、気分悪くさせたらどうしようとか、自分の知らない事を聞かれたら答えられないしとか、物を売るのに抵抗があるとか・・・自分が傷付きたくないって気持ちが強いんだと思います。

たぶん自分軸なんです。

よく考えて下さい。お客様は、沢山あるサロンから選んで時間とお金を使ってご来店して頂きました。お客様の事を気にして出来ない、嫌われたくない等はお客様には関係がない事かもしれませんね。

アフターカウンセリングの際の物販ができないというのも、もしかしたら断られたら嫌や勝手なイメージから来ているかもですね。けれどそれもお客様からすると必要な商品かもしれない。

使う事で劇的に変わるかもしれない。きっと自分の中で勝手に決めてしまっている部分があるのかもしれません。

お客様に選んで頂いたご縁を大切に。

現代のエステに来るお客様は、昔と比べると求めるニーズが変化しています。

昔はキレイになる事だけを求めている方が多かったですが、今は痛みや体の不調、未病ケアを求めている方、健康の先のビューティーを求めていう方が多いと思います。

だから、お客様も長くお付き合いができるサロンを探している。ここはどうかな・良さそうだな・・・と思って、ご来店頂いたんです。

じゃあ、私達エステティシャンができる事といえば、技術はもちろん、体の状態を聞いて、見て、お客様に適したメニューやホームケアアドバイスをする事で、その流れの中にお客様のことを知るカウンセリングという技術があると思います。

実践!!!

いろいろなカウンセリング法がありますが、最終的には自分なりのやり方に作り上げていく事が必要だと思います。

人には個性があるので自分の個性を活かした話し方や声のトーンでお話ししていくと良いと思います。ではどんな感じで堀下げていくかを見ていきましょう。

情報の掘り下げは細かく、しつこく。

カウンセリングシートの症状や今日の状態など記入したり聞いたりしますよね?その症状を一つ一つ掘り下げていきます。

例えば・・・症状→肩こり、首こり、頭痛といった状態です。普通に肩いつからですか?頭痛はよくありますか?首はどんな感じですか?とサラッと終わる方もいると思います。

これを掘り下げると・・・首、肩のコリはいつから・どの部分が痛むか・いつも痛むのか・どんな痛みか・仕事はどんな仕事なのか?

パソコンを触る時間はどの位?どんな体勢で仕事している?ストレスはある?どんなストレスを抱えているのか。

頭痛の場所は?どんな痛みか・鎮痛剤は飲んでるか・どの位の頻度で飲んでるか・毎日頭痛があるのか。生理の状態は?前後どっち・眼精疲労はある?顎関節症はあるか?顔周りの痛みはないか?

という感じになってきます。1つの症状か繋がる部分をたどっていき繋げて聞き出していく。

一方的に聞くだけではお客様は口を閉ざしてしまいます。基本は会話のキャッチボールです。

お客様のタイプを知る

人間のなので皆さん個性がありますよね。これは私の持論なのですが、人は大きく3タイプに分けれるのかなと思っています。

この3タイプを知ると何となく、この人はこうかな~とか、こういう伝え方をしたら伝わりやすいかな~とかていうのが見えてくると思います。

あくまでも私の持論なので、あてはまらなかったらすみません。

ちなみに、私の親友達はピッタリとあてはまって面白かったです。タイプを知る上で必要なのが下のお名前になります。

下の名前があ行からさ行までの方はこちら↓

あいうえお、かきくけこ、さしすせその方達ですね。

ちなみに、私もしょうこなのでここの部類です。

基本的に感情的な方が多いです。情が厚い方、人間って感じの方が多いと感じます。感覚派の人が多いかな。あなたの為を思って言われると嬉しいです。

下の名前がた行からは行までの方はこちら↓

たちつてと、なにぬねの、はひふへほの方達ですね。

感情の部分もありますが、理論的な方が多いです。

頭の回転が速い、理論派なので知識や方法論をベースに考える、堅実な人が多いです。計画を立てた提案をしていくといいかもですね。

下の名前がま行からわ行・んまでの方はこちら↓

まみむめも、やゆよ、らりるれろ、わをんの方たちですね。

結果重視の方が多いです。計算が早い印象です。

何事も結果を重視するので、こうしたらこうなるよ。という結果の所とお金の話しを明確にしていく。

結局はコミュニケーション

タイプも大事ですが、結局はコミュニケーションだと思います。私の経験の中で言えば、どんな会話もお客様とキャッチボールをして、一人のお客様の事をどこまでも知っていくかが、長く愛されるサロンの秘訣だと思うんです。

前に書いたカウンセリングの記事にも書きましたが、ホストクラブを見習えです!しつこくカウンセリングされてるんですよね、会話というコミュニケーションを使って、そして喜ぶツボを見つけていく。

エステティシャン・セラピストのカウンセリングもきっとホストのお兄ちゃんと同じと思います。

カウンセリング練習法

とは言っても、今日明日でしゃべれないと思います。出来る方もいらっしゃると思いますが、何事も練習が必要です。

技術も練習しないと上手になりません。それと同じですね。

カウンセリング練習といえば、ロールプレイ!いや~~~~っと思われた方・・・多いと思いますが、私もロープレが嫌いです。

そんな嫌という方にオススメの練習法、私も実際にやっていました。昔言われた、お前のカウンセリングぬるいんじゃ~、時代にやっていた方法です。

準備するもの・・・ちょっと大きめのぬいぐるみ

そう。動かない、表情の変わらない、喋らないぬいぐるみに本気でカウンセリングするんです。聞いても返答は返ってきませんから、その役も自分で声を出す。え~っと思いましたね。

けどこれやり続けると、本当にぬいぐるみが笑った~って思うんです。やばい奴ではありませんよ。感情も何もない物に対して、自分がどこませ話せるかってやり方です。

これは本当に良い方法ですよ。ちなみに私はくまのプ―さん相手でした・・・笑  是非お試しください。

まとめ・愛されるサロンへ

今でも皆さんのサロンは十分愛されてると思います。ですが、カウンセリングのちょっとした所を変えていくだけで今よりももっと沢山のお客様に愛されると思うんです。

お客様の個性を知ったりする事でよりお客様と深く長くお付き合いができると思います。そして何よりも、今現代の人達はケアをしてくれるサロンを探しているんです。

体を楽にしたいから、心を元気にしたいから、だからこそお客様に合わせたご提案ができるようになっていきたいですね。

そのためには技術だけではなくカウンセリングを大切にする事でお客様に愛されるサロンになれると思います。

ただカウンセリングには正解、不正解はありません。自分流のカウンセリングのやり方を見つけてみて下さいね。

皆様のお役に立てれば幸いです。読んで頂いてありがとうございました。

湯之上聖子

湯之上聖子

日本全国に50店舗ものエステサロンを展開する「トリムリターン」の取締役であり、福岡にて自身が経営するエステサロンのオーナー 兼 エステティシャン。『もっと健康でキレイに輝く女性が増えて欲しい』そんな想いから、21年もの歳月を掛けて学んだ「知識」と「経験」、そこから導き出した「本物の技術」を発信しています。

関連記事

  1. カウンセリング

    カウンセリング力が苦手なあなたへ!カウンセリング力を身につける方法

    カウンセリング、得意ですか?ちゃんとできていますか?自分が、ど…

  2. カウンセリング

    サロンのお客様の体温調節について

    サロンのベットメイキングとお客様の体温調節。 これ、意外とでき…

ランキング

執筆者

長原多賀子

長原多賀子

代表取締役 兼 トリムリターン開発者

佐藤沙苗

佐藤沙苗

取締役 兼 エステサロンオーナー

湯之上聖子

湯之上聖子

取締役 兼 エステサロンオーナー


PAGE TOP