健康美から遠ざかるのは間違ったダイエット。美しく痩せるポイントは?

私のサロンに来られるお客様のほとんどの方が、今までに一度はダイエットをした経験をお持ちです。

これを読んでいてるあなたもそうではありませんか?もしかしたら、現在ダイエット中という方もいらっしゃると思います。

「〇kg痩せたの!」と嬉しそうに言っていても、なんだか不健康に見えたり、痩せる前の方がキレイだったとか、痩せたら風邪ひきやすくなった…なんてことになっては残念。

今よりキレイになりたくて始めたダイエットも、知識がないと美しさや若さから遠ざかるという結末を迎えてしまいます。

そうならないために、これを読んで健康的に美しくスリムになってください!

健康美の大敵は間違ったダイエット

まず、体重だけを見るダイエットをやめてみてください。なぜならば、体重が落ちても健康美になれるとは限らないので。

野菜だけを食べるとか糖質を抜くなど、体重を落とす方法はいくらでもあります。でも注目すべきは体重ではありません。美しく、若々しさを保ったまま痩せるために、もう一歩踏み込んで考えてみましょう。

〇kg減った!それは何が落ちたの??

ほとんどの人が、太った&痩せたというのを体重で判断しています。それが一番わかりやすいからだと思います。体重には、筋肉量、体脂肪量、水分量、骨量というのがあり、体重だけ見ているとその内訳が全くわかりません。

例えば、「長時間の半身浴をして、その後体重計に乗ったら1kg減っていた。ワーイワーイ!痩せたわ!」

これって、本当に痩せたと言えるのでしょうか?脂肪ってジーッとお風呂に入っているだけで燃焼されますか??残念ながら、そんな簡単に脂肪は燃えません。

入浴後に体重が減るのは、水分量が減っただけ。痩せたのではなく、むくみがある程度取れた状態。

もちろん、むくみも見た目には大きく影響するので、むくみを取るのも大切です。むくみがないだけでかなりスッキリします。なので、むくみ対策は重要!これは継続してくださいね。

しかし、それだけではダメです。他にも、健康且つ美しくやせるために必要なことがあります。

落としたいのは脂肪。筋肉は落とさないで!

健康且つ美しくやせるためのポイントは、筋肉量を落とさず(人によっては増やして)、脂肪を減らすことです。筋肉量が落ちると、免疫力が下がります。

風邪を引きやすくなったり。そして、リバウンドもしやすいです。なぜならば、筋肉量が減ると基礎代謝が落ちるからです。筋肉はスタイル維持に欠かすことができないものです。

野菜だけを食べたり、カロリーをセーブすると筋肉が分解されるので気をつけてくださいね。

同じ体重でも見た目が違う

ここで一つ、想像してみてください。

目の前に体重100kgの人が二人います。一人は野球選手もう一人は太っていることを売りにしている芸人さん。どうですか?同じ100kgでも見た目が全然違いますよね。

野球選手は筋肉量が多く、ポッチャリ芸人さんは脂肪量が多いのです。筋肉と脂肪は体積が違うので、同じ100kgの人でも見た目に大きな差が出るのです。

増えすぎた脂肪を落とすことに集中しよう!

体脂肪率が多いと、ブヨブヨと締まりのない体になります。しかし、体脂肪率が少なすぎても…美しいとは言えません。女性らしさは失いたくありませんよね?

ふっくらとしたバストや、適度に丸みのあるヒップ。だからある程度の脂肪は必要なのです。

増えすぎることによってボディラインが乱れるので、増えすぎた脂肪を落とすようにしましょう。

美しいと言われる体脂肪率とは?

最も美しいと言われる体脂肪率は平均21%です。±2%が美しく見られる体脂肪率なので、19~23%を目指しましょう!

※ちなみに、17%を下回ると生理が止まる可能性がありますので、要注意。

まとめ

いかがでしたか?健康的にスリムになるためには何が必要かわかりましたよね?

・体重だけを見ない

・〇kg何が減ったのかを考える

・筋肉を落とさないようにする

・体脂肪率21%(±2)を目指す

是非やってみてください!私も…日々これを意識してがんばってますよ。

佐藤沙苗

佐藤沙苗

日本全国に50店舗ものエステサロンを展開する「トリムリターン」の取締役であり、名古屋にて自身が経営するエステサロンのオーナー 兼 エステティシャン。その場しのぎのエステではなく、解剖学に基づいた理論でお客様を100%「健康美」へと導く結果重視の「本物の技術」を発信しています。

関連記事

  1. 体の豆知識

    ヒップアップには○○筋を鍛える

    今日は、札幌に来ています。大通公園のすぐ近くにある美容室 髪の…

  2. 体の豆知識

    最近集中力がなくなった。ぼーっとする。その症状の意外な原因とは。

    サロンのお客様で、最近集中力がなくなったな。ぼーっとする。もやもやする…

  3. 体の豆知識

    ドライアイ改善方法とホームケア

    最近目が疲れるなぁ・・・目の視界がわるいのよね・・・めやにも多く出る。…

  4. 体の豆知識

    季節や環境、ストレスによって変化する体をしっかりメンテナンスしていくことが大切

    季節によって肌や体は変化します。体はとても繊細で、とってもシンプル。寒…

  5. 体の豆知識

    女性は妊娠すると目が潤む

    女性は妊娠すると目が潤む。女性って子宮にエネルギーが集中すると目が…

  6. 体の豆知識

    セルライトが出来る原因とできやすい時期。セルライト解消法

    皮膚がボコボコして見えるセルライト。セルライトは太っている、痩せている…

ランキング

執筆者

長原多賀子

長原多賀子

代表取締役 兼 トリムリターン開発者

佐藤沙苗

佐藤沙苗

取締役 兼 エステサロンオーナー

湯之上聖子

湯之上聖子

取締役 兼 エステサロンオーナー


PAGE TOP