太ももストレッチと成長ホルモン分泌で脚痩せ効果も期待できる!

成長ホルモンという言葉をお聞きになった事はありますか?近年、“究極のアンチエイジング”として話題の成長ホルモン。

実はこの成長ホルモンが体にとって嬉しい効果をもたらしてくれるんです。その効果や効率的に分泌するストレッチなどを今回はお伝えしていきたいと思います。

では、早速本題に入っていきたいと思うのですが、その前にまだ私の事を知らないという方もいらっしゃると思うので、簡単な自己紹介だけさせてください。

私は今年で業界21年目の現役エステティシャンです。中卒でエステ業界に入って気付けば21年。たくさんの方の身体に関わるありとあらゆる問題を解決してきました。またピラティスやストレッチの知識と経験を活かしてお伝えしていければと思っています。

それでは前置きはここまでにして、本題に入っていきましょう。

成長ホルモンってなに?

成長ホルモンって一体なに?と思っている方も多いと思います。体には無数のホルモンがあります。人間の体はこの様々なホルモンによって支配されていると言っても良いほどに人間の身体にいろんな影響を与えています。

そのホルモンの親玉的存在の成長ホルモンは、脳の「下垂体」という所から分泌されるホルモン。その名の通り、身体の各器官に働きかけて成長を促したり、傷ついた組織を修復したりする作用があります。実際、成長ホルモンを注射し補充することにより、80%以上の方に活力が増した・健康状態の改善、60%以上の方に美容的効果・体脂肪の減少、運動能力の向上・50%以上の方に認知機能・記憶力などの改善がみられたとの報告があるようです。

老化と成長ホルモン

老化の大きな一つの要因に「成長ホルモンの減少」があると言われています。成長ホルモンは思春期に増加しそのピークを迎えた後は急速に低下していきます。30代には最大分泌量の50%以下、70歳代では30%以下の分泌量となってしまいます。

その変化がわかりやすいのが「基礎代謝」。基礎代謝成人男性で平均1500kcal、成人女性で平均1200Kcalと言われていますが、年々基礎代謝は低下すると言われています。基礎代謝が低下するとなかなか痩せにくい、昔は1日何食も食べたとしても太らなかったのに、食事量を減らしても痩せない、ということを経験したことはありませんか?実はこれは成長ホルモンの減少によるものなのです。

そのほか体に起こす症状としては、眠りが浅い、疲れが取れない、集中力低下、気力低下、肌のくすみ・シワ、筋肉が減った、脂肪がつきやすくなった、などの症状があげられます。これは成長ホルモンの分泌量低下にも原因があると考えられます。

まさにこれらの症状は老化症状でもあります。ですので成長ホルモンのアンチエイジング効果に注目が集まっているのです。

成長ホルモンのアンチエイジング効果

成長ホルモンに期待されているアンチエイジング効果!

(1)脂肪を減らす:基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼されやすい体になります。

(2)骨を丈夫にする:骨がもろくなり骨折のリスクが上がると、将来寝たきりになる可能性も高くなります。骨粗しょう症予防にもなります。

(3)筋力アップ:成長ホルモンは筋肉を作るのに重要な役割。成長ホルモン分泌量の違いで10%以上の筋肉量の違いが生まれると言われています。

(4)肌つやを改善:成長ホルモンには抗利尿作用があります。カラダから水分が失われるのを防ぐため、肌の色つやが改善。

(5)病気のリスクを下げる:成長ホルモンが低下すると動脈硬化を起こしやすいと言われています。動脈硬化が進行すると
心筋梗塞や脳梗塞などの病気のリスクを抱えることにもなります。

(6)認知症を予防する:成長ホルモン分泌不全症の患者に成長ホルモンを投与したところ、認知機能改善を認めたとの報告 があるようです。

老化予防、アンチエイジングを叶える為には?

老化を予防してゆるやかにしていく為には、成長ホルモンが分泌されやすいカラダを作る事が大切です。では、どうしたら成長ホルモン分泌を促せるのか?

☑️体脂肪を減らす
体脂肪量は成長ホルモンの分泌量に関係します。肥満の人たちは、普通体型の人と比べると成長ホルモンの分泌量が半分以下になると報告されています。

☑️運動
運動は成長ホルモン分泌を促す最も効果的な方法。どんな運動でもその効果は期待できますが、特に運動の強度によってその分泌量は大きく増減します。血中の乳酸濃度が高くなることで成長ホルモン分泌量が増加します。ダラダラ運動するより、15分を目安に追い込んでトレーニングを行うのが効率的。

ですが、なかなかハードなトレーニングはできないという方へ。おススメの簡単で成長ホルモン分泌にもアプローチできるストレッチをご紹介していきます。

太ももストレッチで成長ホルモンを分泌!

成長ホルモンは、胸や太ももなどの大きな筋肉を使うとより分泌されます。

成長ホルモンは筋肉量を増やし、余分についた脂肪を落としてメタボを予防・改善するなど、まさにアンチエイジングホルモン。筋肉刺激がスイッチとなって成長ホルモン分泌の指令が出る。大きな筋肉や下半身を動かすとそれだけ刺激が高まるようです。

そして嬉しい事に、太ももを鍛えると太らない体になる!筋肉が多くなると基礎代謝がかなり活発になりますから、食べすぎてしまったとしてもすぐに食べたもののカロリーを燃やしつくしてしまいます。

人体の筋肉で最も大きな筋肉『大腿四頭筋』つまり前側の太ももです。こ子を鍛えることでエネルギー消費量を多くさせる近道になります。

全身の筋肉の約70%は脚にあると言われています。脚の筋肉を動かすことで体幹が鍛えられ、安定したバランスを保つことが出来るようになります。

成長ホルモン分泌するストレッチ

其の一 :太ももあげストレッチ

肩幅に足を開いて立ちます。

片方の足を曲げて腰くらいの高さまであげる→下げる
リズムよく上げ下げを行います。30回おこないましょう。

其の二 :レッグリフト

横向きに寝て足は伸ばした状態です。グラグラする方は下の足の膝を少し曲げても大丈夫です。

上にある足を骨盤の高さまで上げます。この時骨盤が動かない様に気をつけましょう。

足先は伸ばした状態でキープ。そのまま下げる。リズムよく上げ下げを行います。30回

こちらのストレッチをYouTube動画でご案内しています。

まとめ

成長ホルモン自体に若返り効果があるこということがわかりましたか?

さらに若返り効果があるとされる各種ホルモンも活発に働く作用を助けることも。

つまり成長ホルモンの分泌を増やせば老化を遅らせたり、若返ることが可能だということですね。

手軽にお家でもできるストレッチで、成長ホルモンを促してアンチエイジングや体の健康維持にお役立てください。

湯之上聖子

湯之上聖子

日本全国に50店舗ものエステサロンを展開する「トリムリターン」の取締役であり、福岡にて自身が経営するエステサロンのオーナー 兼 エステティシャン。『もっと健康でキレイに輝く女性が増えて欲しい』そんな想いから、21年もの歳月を掛けて学んだ「知識」と「経験」、そこから導き出した「本物の技術」を発信しています。

関連記事

  1. ストレッチ

    猫背改善ストレッチ~肩のセルフケアストレッチ~

    今回のテーマは猫背改善、肩の内旋改善ストレッチ。パソコンやデスクワ…

  2. ストレッチ

    二の腕の筋肉痛を和らげるストレッチ

    こんにちは、湯之上です。今回のテーマは、「筋肉痛やわらげる二の腕ス…

  3. ストレッチ

    ゴムストレッチでスッキリ二の腕!背中やお腹にも嬉しいメリット!

    こんにちは、湯之上です。今回のテーマはゴムストレッチの効果的な方法…

  4. ストレッチ

    簡単!効果が出る!太もも痩せしながらヒップアップも美脚効果も叶うストレッチをする

    こんにちは、湯之上です。この記事ではストレッチで太ももを痩せる方法…

  5. ストレッチ

    太ももストレッチの効果は部分痩せだけではない!太ももストレッチのメリット!

    こんにちは、湯之上です。この記事では「太もものストレッチをする効果…

  6. ストレッチ

    簡単ストレッチで気になる太もも痩せ!美脚を目指そう

    こんにちは、湯之上です。この記事では『太ももの簡単で効果的なストレ…

ランキング

執筆者

長原多賀子

長原多賀子

代表取締役 兼 トリムリターン開発者

佐藤沙苗

佐藤沙苗

取締役 兼 エステサロンオーナー

湯之上聖子

湯之上聖子

取締役 兼 エステサロンオーナー


PAGE TOP