筋膜リリースのトリムリターンに関連した情報

簡単!効果が出る!太もも痩せしながらヒップアップも美脚効果も叶うストレッチをする

こんにちは、湯之上です。

この記事ではストレッチで太ももを痩せる方法を知りたいという方に向けて、お家で簡単にできる太もも痩せの方法をお伝えしていきたいと思います。

というものの、私の経営するエステサロンに通って頂いてるお客様やツイッターなどに頂く相談または質問。疑問の中に『ストレッチで太ももを痩せる方法を知りたい』が非常に多かったからです。

ですので、今回はそういった相談、質問、疑問にお答えしていきたいと思います。

では、早速本題に入って行きたいと思うのですが、その前にまだ私の事を知らないという方もいらっしゃると思うので、簡単な自己紹介をさせていただきますね。

私は今年でエステティシャン21年目の現役エステティシャンです。中卒でエステ業界に入って気づけば21年、約5万人の以上のもの方の身体に関わるありとあらゆる問題を解決してきました。その為、今回のお話も『ストレッチで太ももを痩せる方法知りたい』という方のお役に立てるのではないかと思います。

それでは前置きはここまでにして、本題に入って行きましょう!

簡単!太もも痩せストレッチのポイント

結論からお伝えすると、太ももを痩せたいなら『ヒップのストレッチをしましょう』

なぜなら、太ももだけをストレッチしてしまうと筋肉の張りが出できてしまいます。お尻から太ももにつながる筋肉をしっかりとストレッチしていく事が大事だからです。

ちょっとだけ詳しく筋肉を知ってみよう。

具体的にお話すると、『お尻の筋肉は足の大腿骨についています。太ももの外側がパーンと張っている人は、お尻の筋肉が伸びて緊張して、大腿骨に引っ張られて外に張りができている状態です。太ももの外側が張るとその反対の内ももの筋肉は縮んで萎縮している状態です。なのでお尻とつながる外もも、内ももにも同時に効果が得れるストレッチをご紹介しますね。』

ヒップエクステンション<お尻上げストレッチ>

床に直接寝ると痛いので、ヨガマットや少し厚手のバスタオルなどを引いて行いましょう。

  1. 仰向けに寝て膝を立てます。足は腰幅に開いて、足裏はしっかりと床に密着させます。
     
  2. そのままゆっくり腰・ヒップの辺りを床から持ち上げて行きます。肩甲骨の下辺りまで上げて行ったらその姿勢をキープ。お尻太ももの裏側、前側にしっかり力が入っている事を意識して10秒キープ
     
  3. 肩甲骨の下側からゆっくりと床に身体を落として行きます。

そのまま2、3の動きを10回程 繰り返して行きましょう。
 
ストレッチをするときの注意点としては、ヒップ太もも裏にしっかりと力を入れる事。持ち上げた時にお腹がポコっと出ないようにおへその下に力を入れておきましょう。

本当に効果があるの?

ただ、こういった話をすると、『本当にこのストレッチで足痩せできるの?』という意見を頂くこともあります。

とはいえ、『ただ単に歩く、走る、スクワットをするだけでは太ももは痩せません。ヒップと太ももの関連性を理解したストレッチをする事が必要』だと思います。

なぜなら、『歩く事や走る事は、前ももの筋肉を主に使います。きっと筋肉痛もこの部分に起こりやすいのでと思います。一般的なスクワットも同じですね。前ももはアウターマッスルと言って表面の筋肉です。その部分ばかり使っていると痩せるどころか前側の筋肉がパーンんと張ってきて、痩せないという状況になる』からです。

ですので話を戻すと、私の結論としては『太ももを簡単に痩せたいなら、ヒップのストレッチをしましょう。』というお話でした。

夏まで時間がない!太もも痩せ、美脚を手に入れる!

今回のテーマは以上になるのですが、せっかくですので『夏に向けて気になる太ももを速攻でどうにかしたい!』についても、合わせてお伝えさせて頂きますね。

夏に向けて気になる太もも!速攻痩せ!

これも結論からお伝えすると、『早く結果を出すなら、ヒップと足全体にアプローチをするストレッチが必要』です。

なぜなら、ヒップストレッチは上記でお伝えしましたが、太ももと言っても付け根の部分なのか?膝上辺りなのか?内ももなのか?どのパーツの太もも痩せを目指すかによってストレッチ方法が変わってきます。太もも痩せをヒップからしながら、足全体からアプローチをかけていくストレッチをする事で足全体に早く結果が出るからです。

美脚になれる3分習慣

太ももが痩せてもO脚だったり足全体のバランスが悪いと台無しですね。足先から股関節までをしっかりストレッチする事で足全体の筋肉をしっかり動かす事で代謝も上がり、むくみ予防にもなるからです。

足全体のストレッチ

  1. 仰向けに寝ます。足先はピンッと伸ばして下さい。手の平は床についた状態でアゴ先にこぶし1個分くらいのスペースを取ります。
     
  2. 右足を天井方向に上げて行きます。この時股関節から足をあげるイメージで、膝が曲がらないように注意してしましょう。
     
  3. 上げた状態から下に降ろす、上げる→降ろすを繰り返して行きましょう。20回程行います。

1の姿勢に戻り反対側も同様に行いましょう。
 
ストレッチの注意点としては、反動で足の上げ下げをしないように気をつけて下さいね。
 
10回目以降がきつくなりますが頑張りましょう。
 
ただ、こういった話をすると『筋肉がついて本当に細くなるの?』という意見を頂くこともあります。

とはいえ、『筋肉を動かす事で代謝が上がり燃焼効果が上がります。足痩せは筋肉を動かしたりストレッチをさせる事が早く結果が出る事』だと思います。

太ももは体の中でとても重要な役割をしている!

なぜなら、特に太ももの筋肉は体の中でも大きな筋肉です。代謝を上げたり、ホルモン分泌にも関わってきます。

しかもここでお伝えしているストレッチはインナーマッスル(深部の筋肉)とアウターマッスル(表面の筋肉)を同時に動かしてく事で、いち早く効果が出るストレッチになります。

筋肉を動かして太くなるイメージはアウターマッスルだけを動かすと張りが出る。ですが足全体のバランスを使って動かしていく事で足痩せに導くように筋肉が動いてくれるからです。

ですので、話を戻すと、私の結論としては『早く結果を出すなら、ヒップと足全体にアプローチをするストレッチが必要』というお話でした。

まとめ〜美脚へ〜

いかがでしたか?難しく考えずに習慣化していく事が大切です。

1日3分。ながらでオッケーです。

〜太もも痩せストレッチに重要な事は〜

  • 太もも動かす前にヒップストレッチを強化
     
  • 早く結果を出すならヒップ+足全体のバランスストレッチをプラス

夏までに目指せ美脚!

あなたの理想の美脚をイメージしてストレッチに取り組むと更にやる気が出ると思います。