筋膜リリースのトリムリターンに関連した情報

メリハリ脚を手に入れる。太もも外側ストレッチ2つの方法!

こんにちは、湯之上です。

この記事では「太ももの外側のストレッチを知りたい」という方に向けて、「効果がある太もも外側のストレッチ方法」をお伝えしていきたいと思います。

というのも、私の経営するエステサロンに通って頂いているお客様からやツイッターなどに頂く相談(または質問・疑問)の中に「太ももの外側のストレッチを知りたい」が非常に多かったからです。季節的にも太もも周りが木になる方が多くなってきていますからね。

今回はそういった相談(または質問・疑問)にお答えしていきたいと思います。

では、早速本題に入っていきたいと思うのですが、その前にまだ私の事を知らないという方もいらっしゃると思うので、簡単な自己紹介だけさせてください。

私は今年で業界21年目の現役エステティシャンです。中卒でエステ業界に入って気付けば21年、約5万人以上もの方の身体に関わるありとあらゆる問題を解決してきました。そのため、今回のお話も「太ももの外側のストレッチを知りたい、という方のお役に立てるのではないかと思います。

それでは前置きはここまでにして、本題に入っていきましょう。

太ももの外側?実は外側ではないんです。

結論からお伝えすると、「姿勢のゆがみを整えて、正しく使えるようにケアしていきましょう!」です。

なぜなら、「上半身の重さや、歩く走るなどの負荷が下半身の偏った特定の筋肉ばかりに加わるため、下半身の筋肉が知らずに鍛えられてしまい、たくましく太くなってしまうのです。特に悪い姿勢の影響で骨盤がゆがむと脚にかかる負担は太ももの外側にかかるため太くなってしまいます。

もう少し具体的にお話すると、ゆがんで骨格の位置がずれている状態で、筋肉をつけると骨格がさらにねじれて、ゆがんでしまいさらに下半身への負荷が増えていきます。

筋肉をつければ美しくなれるというイメージがありますが、ただ筋肉をつければいいわけではないのでその時の体に合わせた方法が大切になります。

 ストレッチで姿勢改善!

では、姿勢改善に役立つストレッチをご紹介しますね。タオルを1枚用意します。

両足で立ちます。足は肩幅に開きます。

頭の後ろでタオルの端を両手で持ちます。

胸を張ったまま、足の付け根から前に倒します。太もも裏が伸びるあたりで3秒キープ
10回繰り返します。

胸を張って上体を前に倒すキープする事で、背中を丸める原因の肩甲骨の引き上がりが改善。そして前に倒す動きは、背中全体と骨盤を前傾に傾ける筋力がついてきますよ。

ほんとに変わる??

ただ、こういった話をすると、この動きで姿勢の改善ができるのか?太もも外側のストレッチに効くの?という意見を頂く事もあります。

とはいえ、悪い姿勢の影響で骨盤がゆがむと脚にかかる負担は、太ももの外側にかかっていきます。深く股関節を前傾さ前に倒すことで、柔軟性のない股関節周りの筋肉が働くようになります。

姿勢、骨盤、股関節の筋力と柔軟性出て、体重、重力はまず背骨にかかり分散。この後骨盤が垂直に受けて股関節で分散。この流れが身につくことで、日常や運動での外ももへの負担が軽減されるからです。

ですので話を戻すと、私の結論としては「姿勢のゆがみを整えて、正しく使えるようにケアしていきましょう!」というお話しでした。

太もも外側に効く。メリハリ脚。厚み解消ストレッチ!

今回のテーマは以上になるのですが、せっかくですので「太もも外側の厚みを解消ストレッチ!メリハリ脚!」についても、合わせてお伝えさせて頂きますね。

これも結論からお伝えすると、太ももの外側の厚みには中臀筋お尻をストレッチする事です。

なぜなら、中殿筋はお尻から太ももの付け根あたりにある筋肉。主に足を開く時に使われていて、意識的に使う筋肉ではありませんが、歩く際の重心をキープする事などに関係しています。

外側の太ももへ必要以上に負担がかかることによって、筋肉の緊張状態が続き太ももの外側が張ってしまいます。そこにむくみや脂肪が合わさると更に太くみえてしまいます。

中殿筋を鍛えることで、太もも外側への負担がかからないようにしっかりとストレッチをしていきましょう。

今日からはじめるお尻ストレッチ

中臀筋へのアプローチストレッチをご紹介!

横向きに寝てます。脚ら重ねて真っ直ぐに。

上にある足を上下させます。あげる位置は骨盤の位置から少し上辺りまで。

上げた位置を3秒キープして下へ下ろします。

20回程繰り返したら反対側も同様に。
ポイントは、足をゆっくりと上げること。素早く上げてしまうと反動がつきやすくなり、お尻以外の筋肉が使われやすくなるため、中殿筋に上手く負荷がかかりません。

お尻の筋肉に負荷がかかっていることを意識しながら、足をゆっくりと上げましょう。

ハードなストレッチ?大丈夫?

ただ、こういった話をすると筋肉が張って逆に太くならないの?という意見を頂く事もあります。

とはいえ、ハードな筋トレではありません。外側だけにアプローチをしているわけではありません。

なぜなら、太もも外側が張る、厚みが出る原因は様々ありますが、外側の筋肉に負担が偏っている場合は中殿筋や内転筋を鍛えることで、負荷を分散させることができます。

ですので話を戻すと、私の結論としては「太ももの外側の厚みには中臀筋お尻をストレッチする事」というお話しでした。

姿勢とお尻がポイント!まとめ

今回のテーマをまとめていくと。

1.太ももの外側のストレッチは、まず姿勢改善ストレッチでニュートラルな姿勢を手に入れる!

2.中臀筋にアプローチをするストレッチをしていく事で太ももの中臀筋はもちろん外側、内側、股関節周りの筋肉に効果的。

気になるのは外側ですが、筋肉のバランスを考えていくと違う部分からのアプローチをかけていく事で、外側の張りや厚みを解消してメリハリ脚!を手に入れる事ができますよ。