筋膜リリースのトリムリターンに関連した情報

ゴムストレッチでスッキリ二の腕!背中やお腹にも嬉しいメリット!

こんにちは、湯之上です。

今回のテーマはゴムストレッチの効果的な方法。二の腕編という方に向けて、袖からはみ出る二の腕のたるみ、プヨプヨをなんとかしたい!をお伝えしていきたいと思います。

というのも、私の経営するエステサロンに通って頂いているお客様からやツイッターなどに頂く相談に、暑くなってきて半袖や薄着の季節になってきた事もあり、ゴムストレッチの効果的な方法。二の腕編が非常に多かったからです。

ですので、今回はそういった相談または質問・疑問にお答えしていきたいと思います。

では、早速本題に入っていきたいと思うのですが、その前にまだ私の事を知らないという方もいらっしゃると思うので、簡単な自己紹介だけさせてください。

私は今年で業界21年目の現役エステティシャンです。中卒でエステ業界に入って気付けば21年、約5万人以上もの方の身体に関わるありとあらゆる問題を解決してきました。そのため、今回のお話も「ゴムストレッチの効果的な方法。二の腕編」という方のお役に立てるのではないかと思います。

それでは前置きはここまでにして、本題に入っていきましょう。

袖からハミでる二の腕のたるみ、プヨプヨをなんとかしたい

結論からお伝えすると、まずは肩甲骨、猫背にアプローチをする事です。

なぜなら、二の腕には肩甲骨につながる筋肉、腰からの筋肉がくっついています。姿勢が悪くなり猫背状態になると、肩甲骨の位置が変化し脇の部分にいらないお肉がつきはじめます。

もう少し具体的にお話すると「筋肉には起始部(始まり)と停止部(終わり)があります。起始は基本的には固定されている側。停止は動く側についています。

二の腕回りについてる筋肉は様々ありますが、ほとんどの筋肉が停止部分になっています。

例えば背中の大きな筋肉広背筋は二の腕の上側についています。他にも肩甲骨から出ている大円筋、小円筋も二の腕に停止部があります。二の腕には様々な筋肉がついているんですね。

ですので、二の腕だけ動かしてストレッチをするよりも、そこに関連している筋肉を動かしていく事が、効果的な方法になります。

ゴムストレッチ肩甲骨編

ではさっそく、ゴムストレッチをやっていきましょう。


写真を参照に以下の通りにストレッチしてみましょう。

あぐらで座ります。あぐらがキツイ方は椅子に腰掛けもらっても大丈夫です。

右腕を上げて頭の後ろでゴムチューブを持ちます。左腕は背中の下から手を回しゴムチューブを持ちます。

この時上下にある腕が、上は頭の中央、下は背中の中央に来るように置きましょう。理想のストレッチの体勢は写真のような感じです。上の腕で掴んでいるゴムチューブを上に引っ張ります。下にある腕側も下方向に引っぱります。そのまま10秒キープします

3回程繰り返しましょう。
逆の手に持ち替えて左腕が上、右が下にして、同様に行います。

プルプルなる方もいらっしゃると思いますが頑張って繰り返しましょう!

どちらかの手がやりやすい。という体感があると思いますが、やりにくい方を少しキープ時間・回数を多めにしてあげてもいいと思います。

ゴムストレッチをする際の疑問点と解決ストレッチ

ただ、こういった話をすると「腕が上手く上と下に持って行けない」という意見を頂く事もあります。

とはいえ、上手く動かせない場合は、肩甲骨の柔軟性を出す必要もあります。

なぜなら、肩甲骨の位置が変わると、腕に厚みが出てきます。そう、横から鏡を見たときにギョッとした事ありませんか?その厚みは実は肩甲骨の位置が変化する事によって起こります。

位置が変わる理由としては、肩甲骨回りの筋肉の硬さ、姿勢から位置が変化します。

肩甲骨の下角が外へ動き、肩が上がると共に上角も上に動く。猫背姿勢により肩甲骨が前に倒れる状態になります。

位置が変わる事で、腕を動かしにくいという状態になり、動かす際に影響が出てきますので、上手く動かせない場合は、肩甲骨の柔軟性を持たせる為のストレッチもやってみてください。

両手にゴムチューブを持ち上にあげます。

頭の後ろを通って肩甲骨を引き下げるように、下ろしていきます。

引き下がった所でストップします。

そのまま上に戻していきます。

これを20回行いましょう。
肩甲骨を動かす事を意識してください。

ですので話を戻すと、私の結論としては「まずは肩甲骨、猫背にアプローチをするというお話しでした。

今回のテーマは以上になるのですが、せっかくですので、夏になると目立つ二の腕から背中にかけての痩せるストレッチを知りたいについても、合わせてお伝えさせて頂きますね。

夏になると気になる二の腕・背中のお肉をスッキリ!

これも結論からお伝えすると、背中と二の腕を一気に、少しハードなトレーニングが必要です。

なぜなら、体の後ろ側の筋肉は、重力に負けない姿勢のいい身体を作るには必須の筋肉です。

ついつい鏡で見た時に見栄えのいい腹筋や胸の筋肉に意識がいきがちですが、背筋や肩甲骨周りの筋肉を鍛える事はキレイな身体を作るのにとても重要になるからです。

ゴムチューブを使って綺麗な背中のライン作り!

具体的には、キレイな背中を作るチューブトレーニングには姿勢が大事になってきます。背中と二の腕を使うチューブトレーニングですが、実はお腹の筋肉も必要になります。それは、お腹の筋肉は支える部分の筋肉だからです。

チューブトレーニング方法はいろいろありますが、1つのトレーニングで背中や二の腕だけでなく、お腹や太ももまでも効果が出るという嬉しいメリットがあります。1つの動きでもそれだけ全身の筋肉を使っているとう事になります。

ではさっそく、背中と二の腕に効果的なゴムチューブエクササイズをご紹介しますね!

ちょっとハードなチューブトレーニングでお腹や太ももまでシェイプする!

足を伸ばして座ります。座りにくい人はタオルをお尻の下に引くと座りやすいです。

チューブを足にかけて、自分の方向にチューブを引っ張ります。この時骨盤から背中が動かないように固定したまま、おへその下にグッと力を入れましょう。ゴムを引くことで広背筋と上腕三頭筋を鍛えられます。
※上腕三頭筋は腕をのばしたときのプヨプヨした所です。

ゴムチューブを引いて→戻すを10回繰り返します。
この一連の動きを10回を3セット行いましょう。

<チューブトレーニングのポイント>

☑️背筋を伸ばす

☑️腕を引くとき胸を張り脇は閉じ、開かないようにする

☑️腕を戻すときは、ゆっくり伸ばす

広背筋、上腕三頭筋だけではなく腹筋や大腿直筋(前もも)にも効果があります。しっかり動かし行きましょう。

二の腕・背中引き締まることで後ろ姿が一段と綺麗になります。

チューブトレーニングの疑問点

ただ、こういった話をすると「トレーニングはムキムキになるのが心配。」という意見を頂く事もあります。

とはいえ、チューブトレーニングはトレーニングといっても筋肉がムキムキになる様なトレーニングではありません。

なぜなら、ゴム特有の伸縮性を利用して、ダンベルなどの重りを使った筋トレなどとは違うアプローチで体を鍛えていきます。

体の表面ではなく内側にあるインナーマッスルをしっかり鍛えることができるので、トレーニングをするとムキムキになるのが心配…という方でも安心して始めることができます。またインナーマッスルを鍛える事で代謝も上がりますので、体脂肪の燃焼効果も期待できますね。

普通に筋トレを行うよりもゴムチューブを使ってトレーニングをする方がしやすい事もメリットです。

ですので話を戻すと、私の結論としては「背中と二の腕を一気に、少しハードなトレーニング」というお話しでした。

ゴムストレッチ、チューブトレーニングの効果1つではない。全身に嬉しいメリット

最初の目的は、二の腕のゴムチューブストレッチでしたが、得れる効果は全身にあります。

まとめていくと。

1、二の腕痩せにはまず肩甲骨にアプローチをかけるゴムストレッチ

2.二の腕痩せ+背中痩せで、お腹や太ももに効果がある!

そしてなによりも嬉しいのは、ムキムキにならずにちょうどいい感じのしなやかな筋肉をつける事ができる。それはインナーマッスルを動かすからですね。

今日からあなたも後ろ姿美人を目指して頑張りましょう!

お役に立たてれば幸いです♡