筋膜リリースのトリムリターンに関連した情報

カウンセリング力が苦手なあなたへ!カウンセリング力を身につける方法

カウンセリング、得意ですか?ちゃんとできていますか?

自分が、どんなカウンセリングをしているか、分析するお時間って少ないと思うんです。日々の時間に追われ、お客様が次のご予約を入れて帰らても、また連絡くるかな~とか、なかなか結果がでないんだよね~とか。

トリートメントや次予約にも、影響のでるカウンセリング。そのカウンセリング力を身に付ける方法を、自分なりに分析してみました。

カウンセリングはお客様の大事な情報!

そもそも、カウンセリングって?お客様がご来店頂いた時に、最初にカウンセリングシートに記入して頂けますか、って作業ですね。

お名前や住所、お仕事や生年月日、体やお肌の状態などなど、書き込んでから、今日のメニューや体の状態などを聞いていく。そして施術にって流れが普通だとおもうんですが。もう、このシートに書いて頂いた時点で、お客様から無数の情報を、発信して頂いていますよね。

どんな、カウンセリングシートかにもよりますが、女性であれば生理周期の事や、過去のケガ病気、食事のことなど、聞かずとも記入して頂いた状態で情報を提供して、共有して頂いてる。まさに、今のその方の状態がわかる大切な情報源です!けど、これだけではないんです。

じゃあどうやって、お客様の情報をもっと深く聞いていくか、またここに来たいって思ってもらえるか。私の経験を元にお伝えしていきます。

苦手って思っていませんか?

きっと、カウンセリングが苦手って思っている方、多いと思うんです。私も、エステティシャンになりたての頃、そう思っていました。苦手って思う理由があると思うんです。なんて言えばいいのか、知識がないから、聞いてもこたえられるか、そもそもやり方、進め方がわかんない、などなど。

ちなみに、私は自分の声が、嫌いという理由でした。苦手な事って、表情や行動にでると思うんですよね、私が見てきた、契約の取れるエステティシャンは、自信満々でカウンセリングしている、声が大きい、表情が豊か、オーバーリアクション、プラス知識の豊富さや、技術力も高い方が多いなと思います。

昔エステティシャンなりたての時代、苦手なカウンセリングでかなり苦労しました。上司にお前の話し、ぬるいんじゃ~って、お客様の前で何度も怒られたこともあります。けど、ぬるいんじゃ~の意味が、わかんない。どうやったら上手くなるのかもわかんない、そもそも、声が嫌いだから喋りたくねーよっ思ってた時期もありました。

苦手なものから、いろんな理由を付けて、目を背けた結果、お客様の契約率は低い、次回来店が取れない状態。だからこそ、苦手な方の気持ちもわかりま。目を背けずに、向き合って、自分流のカウンセリング法を身につけて欲しいと思います。

カウンセリングを好きになる♡

好きこそ物の上手なれ、ではないですが、楽しむ事、好きになる事が1番だと思います。新規の方でも、リピーターの方でも、その日、初対面ですよね。

新規の方だと、どんな人なんだろ~、何処からくるんだろ~、年齢は?何に悩んでるんだろ~、リピーターの方だったら、今日やっと会える、どんなお洋服で来られるかな~、前回から今日まで状態どうだっただろ~、この間の話しどうだったかな~とか、考えるとワクワクしません?

まるで、恋人や大好きな人を思うように。恋人や大好きな人に、久しぶりにあったら、いろいろ聞きません?

そんな感じで、今日の情報を聞いていく。そのワクワク感が大事と思っていて、表情にもでるし、声にもでる、笑顔にもなる。そのテンションで、今日の情報を聞いていく。って、イメージしたら、楽しくありません?ちょっと好きになれますか?

じゃあどうやって、情報を深く聞いていくか、また来たいって思って頂けるかをお話ししますね。

もっと、もっとお客様を知って行こう

昔、カウンセリングが苦手な時に、よくホストクラブに行ってました。遊びにじゃないですよ。カウンセリングの勉強に。彼らって、凄いと思うんです。

自分の顧客にする為に、あの手、この手で話してくるんですよ。必ず、前回のちょっとした会話を覚えている、髪型やお洋服、身につけてるアクセサリー、好きな飲み物、食べ物、仕事ももちろん、好きなアーティストや好きなタイプ、キリがない程に、そのお客様の情報を知り尽くしてる。

けど私は、これや~ん!!って思いましたよ。女だけど、ホストの兄ちゃん=私 私=お客様。お客様の事をもっと、もっと深く知って行こうと。では、どうやって、深く聞き出していくかをひも解いて行きましょう。

①お客様のプライベートな情報のカウンセリング
②お客様の体の状態のカウンセリング
③今の体に対してのフォローカウンセリング

①お客様のプライベートな情報のカウンセリング
これは絶対ではないです。嫌がるお客様も、もちろんいると思います。だけど、女性は結構プライベートな環境って大事だと思います。彼氏がいない子が、彼氏ができたら、その逆も同じで、外見や心理的な部分で、体にも影響するこっとて沢山あるです。そこを察して聞き出して、施術に反映していきます。

②お客様の体の状態のカウンセリング
ここの部分の聞き出しは、施術にとっては重要ですね。例えばお客様から、今日は肩が痛いのって言われた時に、肩のどの部分が痛いのか、いつから痛いのか、仕事は忙しかったのか?1つ1つの悩みに対して、掘り下げていく。そうすると、なんで痛くなったのか?の理由が見えてくると思います。

③今の体に対してのフォローカウンセリング
①、②を踏まえて、施術に入っていきます。なんで痛くなったのか?の理由と、お身体を触ってに実際の感じ、連動している体の部分などを、施術後に伝えていく。細かく、痛みの原因、今の状況を。もちろん①のプライベートな部分が影響してたら、影響している部分を分析して、伝えていく。

自分の体や心を理解して、共有してくれるっ嬉しいと思うんです。裸同然のお付き合いですから、安心して任せれる人に、任せたいと思うんです。そしたらきっと、またこの人のマッサージ受けたいなって、思ってもらえると思います。

施術者主導のエステティシャン

どうでしたか?少し、カウンセリングが好きになれましたか?楽しみと思えましたか?沢山あるエステサロンの中から、お客様はそのサロンを選んで、ご来店して頂きます。

エステティシャンもそうですが、お客様もきっと、ドキドキ、ワクワク、緊張してご来店される方もいらっしゃると思います。

だからこそ、体を触る上で必要な情報を、カウンセリングという時間を使って得ていく、施術中の体の変化を見落とさない、それをきちんと伝えていく事が大事だと思います。

エステティシャン主導だから、次はこの日にご来店してください、如何ですか?って言葉が言えるんだと思います。本当に、この人の体を変えていきたい!って思いが、カウンセリング、施術、アフターカウンセリングにも繋がっていくと思います。

皆様のサロンワークのお役に立てれば幸いです。